夏井いつき 17音の旅 第1回

今日の一句

2021年1月7日(木) 人日じんじつ 季語「人の日」/新年

前田普羅(まえだ・ふら) 1884年〜1954年、俳人。

 正月七日には人を占い、刑罰に処さないという中国の習俗から生まれた季語が「人日じんじつ」で、「人の日」ともいう。そんな日に作者が読んでいるのが、「赤ずきん」「ヘンゼルとグレーテル」など、ドイツの昔話を集めたグリム物語だ。中七「読みつぐ」には、子どもたちが善悪や人間心理などを考えはじめる一冊としての長い年月が表現されている。大人になって読んだ『本当は恐ろしいグリム童話』の残酷な一場面が心をよぎったのは、「人の日」という季語の力のせいだろうか。

About the author

1957年、愛媛県生まれ。中学校国語教諭の後、俳人へ転身。藍生俳句会会員。「第8回俳壇賞」受賞。創作活動に加え、俳句集団「いつき組」組長として、俳句の授業「句会ライブ」、全国高等学校俳句選手権「俳句甲子園」の創設にも携わるなど幅広く活動中。TBS系「プレバト!!」俳句コーナー出演などテレビ・ラジオにも出演多数。松山市公式俳句サイト「俳句ポスト365」、朝日新聞愛媛俳壇、愛媛新聞日曜版小中学生俳句欄、各選者。2015年より初代俳都松山大使。

『句集 伊月集 龍』(朝日出版社)、『「月」の歳時記』(世界文化社)、『季語道場』(NHK出版)、『おウチde俳句』(朝日出版社)など著書多数。